水回りトラブルの応急処置から業者の選択まで!家庭の水道修理の知っておきたい豆知識

このサイトでは水回りトラブルの応急処置から業者の選択まで、家庭の水道修理の知っておきたい豆知識をご紹介しています。
いざというときに慌てないためにも、知っておいて損のない内容となっているのでお勧めです。
水道の修理を依頼する業者選びのポイントも解説しています。
誰に頼めばいいか分からない場合に参考になるでしょう。
水道の修理を依頼する前に確認したいことにも触れています。
業者に連絡する前にあらかじめ確認しておくとスムーズです。

水回りトラブルの応急処置から業者の選択まで!家庭の水道修理の知っておきたい豆知識

水道修理の豆知識を知って、いざというときに役立てたいという人もいるのではないでしょうか。
水道修理の応急処置として、上水道の漏れならば元栓を閉めて配管補修用テープを巻き付けます。
排水管の場合も、補修向けテープを用いて対応します。
業者を選ぶときには、住まいの地域の指定工事業者を利用することが大事です。
そして、できるだけ複数の工事業者に見積りを依頼して比較検討するとよいでしょう。
また工事の内容や料金に関しても説明をよく聞いて理解してから依頼します。

水道修理を依頼する前の応急処置の方法

家庭内のトラブルの中には水漏れやつまりなど、水道修理が必要になる事例は多数あります。
新築住宅でも後に必ず起きてしまうものなので、事前に水漏れやつまりが起きた際に専門会社に修理依頼をする前には、応急処置を施す方法を知っておくと安心です。
キッチンのシンク台の下側にある排水管からの水漏れの場合、収納スペースから床面へと水が流れてしまいます。
この場合は排水管にタオルを巻き付けて、大き目サイズのボウルなどにタオルの下側を入れておくと上手く誘導させることができます。
バスルームで起きてしまうつまりの問題は、水道修理を依頼する前に雑巾やバケツを使ってできる範囲の床面に溜まっている水を屋外に出す作業も使えます。
トイレの場合は水漏れであれば止水栓を閉める方法で対応できますが、つまりの場合はラバーカップなど道具が無いと対応はできません。
やっておくべきトイレの問題は、修理の際に周囲に汚水が飛び散らないようにキッチン用ラップなどを利用して床と壁をガードしておくことも応急処置では役立ちます。

水道修理が必要になりやすい箇所とは

自宅では多くの場所で水道を使用することになりますが、水道修理が必要になりやすい箇所としてはキッチンが該当してきます。
キッチンは毎日のように料理をするときに使用することが多いですし、お皿を洗ったりするときにも活用することになるので、頻繁に使う場所です。
そのため他の部分よりも経年劣化が進んでいるような特徴があり、特に油を大量に使用した料理などを好むような場合は配管が痛みやすいと考えられます。
深刻なケースになると知らぬ間に床下に水が蓄積しているようなケースがあり、そうなると床下が腐敗してしまうことで、その部分から害虫などが自宅に侵入してくるようなこともあるので注意が必要です。
普通に水道が使えるような状態でも、定期的にキッチンの場合は点検をしておいたほうが安心できます。
キッチンの次に水道修理が必要になることが多い箇所は、お風呂場や洗面所になりますから、基本的にはそのような部分についても意識を向けておくのが大切です。

水道修理を迅速にするべき理由とは

水漏れはトイレや台所、お風呂などで起こることが多く、少し水が漏れているだけであると水道修理を依頼せず、様子を見ることがあります。
ですが水道修理は漏れが見つけ次第迅速に対応することが良く、放置をしておくと思わぬ事故につながってしまいます。
水道修理を迅速に行わない場合、安全面がまず心配です。
特に早期に行わなければいけないのが給湯器の水漏れであり、放置をしておくと一酸化炭素中毒を引き起こし、最悪の場合命にかかわる状態になります。
一酸化炭素中毒は全く気が付くことがなく、ある日体に異変を感じることのみであり、気がついた時には手遅れになっていることも多いです。
さらに費用面ではマンションやアパートに住んでいる場合は下の階まで水が伝ってしまい、下の階の修繕費が必要となることもあります。
水道代に関しても長い期間高い状態が続くので、負担が生じます。
場所によっては命にかかわる状態になることもあるので、早期に行わなくてはなりません。

水道修理に必要になる代表的な工具

水道修理を行う上で用意する工具には、ドライバーセットとレンチ、ウォーターポンププライヤーやラジオペンチ、そして蛇口専用工具となります。
水道修理は蛇口の修理が最も多く、レンチとドライバーセットは必須です。
特にレンチはモンキータイプが必要となり、ナットの取り外しやカートリッジがある場合はその押えの取り外しなどに使用します。
ドライバーセットはプラスとマイナス、精密タイプを用意しておくと良く、固定ねじを外す、止水栓を開閉する、パッキンやキャップを取り外す際に使います。
精密タイプは高価なものを用意する必要はなく、100円ショップで販売されているものを使用しても大丈夫です。
ウォーターポンププライヤーはなくても大丈夫ですが、あることで水道修理の作業がスムーズに進みます。
レンチが使えないときに固定されているナットを取り外すことができるほか、固着してしまった部品を引っ張ったりするときに大変便利です。
水道修理では浴室用の混合栓に使用されることが多いです。